番外編 #2 子宮摘出後の性生活のすすめ

  今、ある奇跡
5年後生存率64%を乗り越え~ 
          (番外編 #2)
(これから婦人科手術を受ける方、そうでない方も参考にしていただけると幸いです。)

 ~子宮摘出後の性生活について~ 

子宮を取り除いても性交に必要な膣は今まで通り残っているので、
性生活にはほとんど支障はありません。
性交には、精神的な要素が大きく影響します。
子宮を取ったという ひけめを感じることは、すこしもありません。

Q1:性交によって、縫っているところが破れたり出血したりしないか?

A:退院時にはほとんど治っています。
 手術によって膣も短くなっていませんし、
膣壁にはひだがたくさんあるので、
性交によって、破れたり出血したりすることはありません。
初めての時は、不安も強いと思いますが、
ご主人と相談され、挿入の浅い体位からゆっくり入れられたほうがいいでしょう。

Q2:開始時期はいつ頃?

A:少し個人差があります。
 先生から「もう大丈夫、普通の生活に戻ってもいいですよ」という言葉を聞かれてからが安心でしょう。
恐がっていつまでも、性交をしないと 膣の委縮や狭窄が起こったりすることがあります。
あまり消極的にならないようにしましょう。

Q3:性交時に痛みがあるの?

A:手術により子宮からの分泌物はなくなりましたが、
 膣壁からの分泌物は今までと同じですから湿潤の不足による痛みは、ほとんど無いと思います。
しかし、分泌物は精神的な影響で少なくなりますので、自信を持ってください。
 両方の卵巣を摘出された方は、多少分泌物の減少があります。湿潤の不足を感じられる方はリューブゼリーなどの使用をお勧めします。
  リューブゼリー:不快なべとつきがなく
湿潤効果が優れていて安全性も確認されています。

Q4:放出された精子はどうなるの?

A:今までは一部が子宮の中に入り、大部分は膣外に流れ出ていました。
手術で子宮を取ったので精液はすべて流れ出てしまいます。

Q5:性欲は減少しませんか?満足度は低下しませんか?

 A:性交時、最も感じる部分は子宮にありません。
膣の下1/3や小陰唇とク○○○○(ここでは書くのやめときます)にあると言われています。
だから、子宮を摘出したことが満足度の低下に結びつくことは
ありません。
もし、あるとすれば、それは精神的な影響がほとんどだと思われます。そして、性は性交だけではなく思いやりのあるコミュニケーションや、スキンシップのほうがより大切だと思われます。



   病院からこのような、親切な しおりを頂いておきながら、わたくし、未だ 試せておりません007.gif
   まもなく、7年。どんどん、怖くなってきた私達夫婦.......。
   でも、そのうち、がんばります066.gif




      よろしければ こちらをポチッとお願いしますm(__)m
             ↓↓↓
        にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
 
     
        にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気    へ




  
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
        

[PR]
by oreihuzusakay266 | 2009-10-20 23:49 | 今、命ある奇跡 | Comments(0)