最終章  さようなら、そしてありがとう☆

  今、ある奇跡5年後生存率64%を乗り越え~ 
    
        これは、私自身が体験した実話です。
        今、ご本人もしくは大切な人が、病と闘ってる方々に、
        少しでも勇気を与えることができれば 光栄です。


  退院後、毎月 腫瘍マーカーのチェックをし
  半年ごとに MRI→CT→MRI→CTと画像チェックを続けた。

  ある診察日の待合で
  「やっと、完治って言われた003.gif」と母親に報告している患者さんを
  見かけた。
  私も、ダンナさんに そう報告出来る日を待ち望んでいた。
  一昔前は、3年完治といわれていたが
  今では、5年で完治とされている。
  そんなことも 病気になって初めて知った。

  順調に日々を過ごし、3年が過ぎたある診察日に
  重大ニュースが私の耳に飛び込んできた。
  私の命の恩人であるT先生が この病院を辞めるという噂。
  ショックだった。
  T先生の口から完治という言葉を聞くことを
  夢見、目標にがんばってきたのに......。不安......。

  もしも、開業でもされるなら、私もついていこう!
  そう決め、先生に聞いてみた。
  すると、市外(車で1時間半)にある、成人病(ガン)センターへ
  移られるとのこと。
  とても不安そうに見つめる私に 先生は
  「僕が信頼できる後任の先生を探したから
  心配はいらんからね。」 と言ってくださった。

  そして、T先生の最後の診察の日には
  後任のH先生も同席していた。
  診察の最後に 私の命の恩人T先生に 感謝の気持ちを伝えた。

  「先生に診ていただけて、本当によかったです。
  ほんとにありがとうございました。
  今まで、お世話になりました
  そう言いながら、少し涙ぐんでしまった。
  先生は 少し照れていた。

  それからは後任のH先生が私の主治医になり
  初めての診察日に H先生が
  「カルテ見させてもらいましたが、
  本当に大変な手術でしたね。
  T先生に命助けてもらったね。
  T先生はほんとにすばらしい先生で、いつも学会で
  発表される話をみんなが 注目して聞いてるんですよ。
  T先生に診てもらえてよかったね。
  これからも がんばりましょう。」
  と言ってくださった。

  やっぱり、T先生は すごい人だったんだ。
  そして、私の病状も きわどかったんだ.....。
  改めて、T先生に感謝した。
  そのT先生が選んだH先生も
  同業の医師を褒め称えることができるすばらしい人だと思った。

  それから、2年経ち ようやく 待ちに待った術後5年。
  完治と言われる日が訪れた。
  とはいえ、女性ホルモン補充の貼り薬をもらいに
  2ヶ月に一回は通うことになる。
  ただ、腫瘍マーカーは 未だに半年に一回チェックをし
  画像チェックも しています。
  念には念を。
  病院通いは まだまだ、続きますが
  自分の体を思いやるためにも
  自分を戒めるためにも
  私には必要なことと感じています。

  私は、卵巣ガンという病気を経験したことにより
  多くのものを学び
  多くの人と出会い
  そして かけがいのないものを知ることができました。

  今ある命を 当たり前のことと思わず、
  この世に生まれた奇跡を感謝し
  これからも 過ごしてまいります。

  今、病と闘っておられる方、また一緒に闘っておられるご家族様に
  心から笑える日が訪れることを願って
  このカテゴリー(今、命ある奇跡)を終了させていただきます。

  今まで、読んでくださった皆様
  コメントくださった皆様
  ありがとうございました。

  ブログはまだまだ、続けてまいります。
  またのご訪問 お待ちしております。
  ありがとうございました(*^_^*)    
   

  病と闘っておられる方を心から応援しています072.gif
  
  よろしければ、応援ポチッをお願いしますm(__)m
         ↓↓↓
     にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気    へ
  ありがとうございます053.gif
[PR]
Commented by miyonara at 2015-04-20 14:59
はじめまして。
約6年前のこちらの記事にコメントさせていただきます。

このカテゴリで、記録を残してくださってありがとうございました。
病気のことだけでなく、介護のこと、子どもに恵まれなかったこと、ダンナさんに感謝していることなど、私と共通項がたくさんあり、たくさん元気をもらいました。

現在、ステージはⅠaなのですが、卵巣がん(明細胞腺がん)で、化学療法を受けています。
脱毛が中途半端なので、これからの季節のことを考えてやっぱり剃ろうかなと思っています。同居している主人の両親の介護で疲れ果てたりして、これなら病院にいるほうが楽だなあ、なんて考えてしまうこともしばしば。
でも、なんとか、なんとか、前向きに生きていたいんです。

また時々お邪魔させてくださいね。
Commented by oreihuzusakay266 at 2015-04-20 17:33
miyonara さんへ

コメントありがとうございました<m(__)m>
もう6年近く経つんですね^_^;
1月に異変を感じてから
病院に行った時期や、ガンの疑いを告知された時期、
入院した時期など、ほんとに共通することが多いですね。
私は、2003年に手術をして、12年が経過しました(*^_^*)
今もホルモン補充の薬をもらうために 3カ月に1回通院していますが、それ以外は何事もなかったような生活をしていて、
女性の病気のカテゴリーに入ってることに
心苦しいのですが、
ブログを始めたきっかけでもある、
今、闘っておられる方に 少しでも お役に立てればという思いで、居させていただいてます。
当時、いっぱいツライ思いしたけど
今、元気に頑張ってるよ。大丈夫だよ。と伝えたくて。
って、おこがましいですが^_^;

miyonaraさんも、まだもう少し 治療が続きますが、
応援していますね!(^^)!
私は、2クールの前に ダンナにバリカンで丸坊主にやってもらいました^m^
気持ちよかったよ~(*^_^*)
私は、抜けていくショックに耐えれなかったものですから。
義父母さん達の介護もされてるんですね。
どうか、どうか、これからは頑張りすぎないようにしてくださいね(*^_^*)
そして、いっぱいいっぱい笑って
NK細胞増やして、免疫力UPしちゃってくださいね。
心から、祈っています☆
また、いつでもお越しくださいませ♪
ありがとうございました(*^_^*)
by oreihuzusakay266 | 2009-12-06 14:32 | 今、命ある奇跡 | Comments(2)