私のお義母ちゃんは 87歳072.gif
                 ☆認知症☆です
            そんなお義母ちゃんを綴った 介護日記です

      *以前の記事は (カテゴリ)お義母ちゃんは認知症 自宅編 をご覧ください
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   私達夫婦は、少しずつ お義母ちゃんの病気(認知症)を
   理解するようになっていきました。

   物がなくなる
     ↓
   私を疑う013.gif
     ↓
   理解させようと 怒る033.gif
     ↓
   症状がひどくなる008.gif

   こんなサイクルが 頻繁に起こるから、
   まず、物がなくならないように 予防しようと思い
   私達夫婦が やり始めたことは
   義母が部屋でごそごそし始めたら 声をかけて
   現実に戻してあげることでした。

 
   とにかく 夢中になってごそごそしてるときって
   なんか様子がおかしく、
   その後、必ず物がなくなる。

   だから、ごそごそし始めたら、
   「何してるん?」などと 大きな声で 聞いて
   本人が今何をしてるのか 話させたりした。
   
   しばらくは、それで 対処できていたけれど
   それも一時期だけのものとなった。
   そんな安易なことで 対処できれば 世話ないよね~。
   認知症の症状が進むと同時に
   足の筋力も低下してきていた。


   そんなある晩、お義母ちゃんの部屋から
   すごく大きな物音がしたらしい。 らしいというのも
   二階にいた私は気付かなかったのだが
   慌てて、義母の部屋に入ったダンナが
   「おーい!!おふくろが大変や!」と叫んだ。

   急いで 部屋に行くと
   頭からを流したお義母ちゃんが倒れていた。
   どうやら、ふらっとして 倒れ ベットの足で 頭を打ったようだった。
   
   頭からのって、びっくりするくらい出るから
   ダンナは テンパっていた。
   私はすぐ救急車を呼んだ。
   駆けつけた救急隊をみて、

   「こんな恰好で病院なんかいけん!
   新しいパジャマを出して。
   下着も着替えたい。
」などと ゴネて
   かなり 救急車を待たせてしまった。

   この世に及んで、そんな強情な義母にダンナは怒り
   病院へは私だけが付いて行った。
   結局、何針か縫うことで ことなきを得たのだが
   その時、もともと高かった義母の血圧は200近くまで
   上がったが、なんともなかった。
   このお義母ちゃんは 相当 心臓が強そうだと つくづく思った。

   この時、夫婦ともども、義母になんかあっても仕方ないか、なんて
   鬼のような冷たいことを考えたことが
   今では信じられない.......。 
   
   この時の私は 間違いなく 鬼嫁だっただろう......。   
   


        よろしければ 応援ポチッをお願いします040.gif
                   ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
                ありがとうございます072.gif
          
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2010-01-26 14:47 | お義母ちゃんは認知症 自宅編 | Comments(0)

            私のお義母ちゃんは 87歳072.gif
                 ☆認知症☆です
            そんなお義母ちゃんを綴った 介護日記です

      *以前の記事は (カテゴリ)お義母ちゃんは認知症 自宅編 をご覧ください
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
   認知症になると、置き場所を忘れ、物が無くなったとか
   言うのですが、女性は特にお金に執着するらしい。

   うちのお義母ちゃんも ひどかった。

   当時(2ヶ月で7万弱ほどの)僅かな年金を自分で管理していたお義母ちゃん。
   何か買ってきてほしいものがあれば、これで買ってきて!と
   お金を渡されていた。

   少ないなりにも、毎月5千円ずつ 貯金をし
   1年に一回、貯まった万円を出して
   日ごろお世話になってる人に お礼をしたりしていたようだ。


   それはちょうど、万円を出してきてあげた頃に起きた。

   「6万円入った封筒がないんや!

   (またか~。今度はお金か~。難儀やな~。)
   なんて思っていたら

   「ここに入れておいたのに!
   
   はぁ?!

   ここというのは、
   普段、腰が曲がるのを防ぐために
   着物の帯板を布で巻いて 糸で縫い ヒモをつけて
   腰に巻きつけていた お手製のコルセットまがいのことである。

   それの糸をわざわざ、ほどいて その中に6万円の封筒を
   入れておいたらしい...。

   そして、まさかの一言


   ここに入れてるのを知ってるのは
   私の他にはアンタだけや!






   知るか!!!!!

   そんなとこに 入れておくなんて、誰が想像しますか?

   とことん、私は疑われてるんだな.....。

   もちろん、反論したが 頑固なお義母ちゃんは 聞く耳持たず。

   
   仕方なく、一緒に探したが見つからない。
   金額が金額だけに かなり大探ししたけど、ない!

   ま、でも さすがに捨てはしないだろうから、
   そのうち出てくるだろうと、タカをくくってた。


   すると、数日後 ダンナが探し当てた。

   お菓子箱のフタを開けて、そのフタを底に重ねますよね?(え?重ねません?011.gif
   そうです!箱のフタとミ(お尻)の隙間から出てきました!

   見つけたダンナも見事ですが
   隠すほうも大したもんだ!034.gif
   
   とりあえず、出てきてよかったぁ...と安心するのも つかの間。
   結局、そこに隠したのも 私のせいになっておりました021.gif


   今まで、絶対お金は私達に預けなかったのに
   以外にも、ダンナに諭され すんなり預けてくれた。
   私に隠されるくらいなら(隠してませんけどね!)
   ダンナに預けたほうがマシだと思ったんでしょうね042.gif


   病気(認知症)なんだから、仕方ないな.....。
   なんて思えるようになったのは もう少し後でした。
   

   この頃、いわゆる まだらボケ
   一番、厄介な頃でした。
   でも、まだ私が嫁だと認識してくれてたこの頃のほうが
   よかったのだろうか?
   いやいや、そんなことはないだろう......。   
   
   

        まだらボケってほんと大変です。
        相手も考える力が十分にあるのですから。変に。
        今、頑張っておられる方を応援してます。
        よろしければ 応援ポチッをお願いします
040.gif
                   ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
                ありがとうございます072.gif
          
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2010-01-26 11:17 | お義母ちゃんは認知症 自宅編 | Comments(0)

            私のお義母ちゃんは 87歳072.gif
                 ☆認知症☆です
            そんなお義母ちゃんを綴った 介護日記です

      *以前の記事は (カテゴリ)お義母ちゃんは認知症 自宅編 をご覧ください
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   お義母ちゃんは、昔っから 自分がボケないようにと
   折り紙をしたり、指先をうごかすような細かい作業などをして
   いろんな努力をしていた。
   TV好きだったのもあって、みのもんたの番組を観ては
   体に良いものを食べ、日光浴をし、運動(近所を散歩)したりしていた。

   それが、どんどんいろんなことへの関心がなくなっていった。
   あんなに楽しみにしていたTV(渡る世間とか...)も 観忘れたり
   TVをつけていても、観てなかったり.....。

   そして、何やら 部屋でごそごそするようになっていた。

   あまりの物音に、こっそり部屋を覗いてみると
   部屋いっぱいに 服が散乱している。
   どうやら、タンスの整理をしているようだが、
   何かに取りつかれたように 黙々と片づけている。


   そんな後だった。

   「私の、病院行きのシャツがない。」と言ってきた。

   仕方なく、探してやると
   普段はほとんど 使ってないほうの引き出しから 出てきた。
   
   義母 「あんたが入れてくれたんか?
   私  「いいえ!
   義母 「私はそんなとこ、障ったことないわ。誰か入れたんやな。
   私  「誰も入れませんよ!

   でも、明らかに私を疑ってる.....。


   また、ある日は タンスの中が綺麗になってるのを見て(自分でしたくせに)

   「綺麗に入れ直してくれたんやな。ありがとう。」と。

   部屋をごそごそ した後は 必ず何かが無くなる。
   ある時は、裁縫に使う指抜きを返してくれと言ってきた。

   最初は、疑われるたび  反論していたが
   どうやら、様子がおかしいと思うようになってきていた。

   この、激しい物忘れは ただの物忘れではないな~。

   その頃は まだ 認知症 とはいわず
   痴呆症といわれていた。

   この頃から、私のダンナと お義母ちゃんは痴呆になったな....。って
   認めるようになっていた。
   でも、病院へ連れていったりはしなかったのです。
   痴呆は薬で治ると思ってなかったから。
   今でこそ、症状のスピードを遅らせることができるとか聞くけど
   なんせ、その頃は、本当に勉強不足だったのです。
   

   もっと早く 気づいてあげれれば、
   何か 変わっていたのかな.....。
   お義母ちゃん ごめんね007.gif


   その時の私達夫婦は
   そんな心の余裕も、優しさも持ち合わせていなかったのです002.gif

   


          認知症と闘うためには まず認知症の事を知ることなんですね。
          私が無知だったばかりに.....。
          後悔先に立たずですね007.gif 
          よろしければ 応援ポチッをお願いします040.gif
                   ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
                ありがとうございます072.gif
          
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2010-01-24 01:52 | お義母ちゃんは認知症 自宅編 | Comments(0)

            私のお義母ちゃんは 87歳072.gif
                 ☆認知症☆です
            そんなお義母ちゃんを綴った 介護日記です

      *以前の記事は (カテゴリ)お義母ちゃんは認知症 自宅編 をご覧ください
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   例の着物事件 について
   わたしなりに 原因を考えてみました034.gif

  なぜ、着物を私が取ったと思ったのか?

       その数週間前、結婚式があり 着物を着たから
       実母にクリーニングを頼もうと ダンナが(夜)仕事へ行った後に
       実家に着物を持っていくのを 見ていたから。

   なぜ、二階に 空っぽの着物入れ(紙のやつ)があったのか?

       これは、義姉にも聞いて 誰もわからなかったのだが
       おそらく、私達の結婚式のときに
       和ダンスをさわった時に 出てきたのだろう。
       とにかく、滅多に入らない部屋だったし、義母のものには
       一切、さわらないようにしてたから、
       そんなものが、ほったらかしになってること自体
       知らなかった。


    その他の理由

       その頃、フリーマーケットに参加したことがあって、
       服を袋に入れて 玄関に用意しておいたことがあり、
       その中に、たまたま、
       義母が以前(私もう着られへんからあげよって)くれた服も
       入れていたのです。
       (お婆さんの服が30前半の私に合うはずないよね~)
       それを、私がいないときに見てしまったのではないかな?と
       思ってる。しかも、その服は一番上に置いてて丸見えだった........。
       うかつだった。


     このようなことが重なり、私への不信感はつのり
     私が犯人だとおもいこんだのではないかな?と思ってます。

     そもそも、もっと、義母と会話があれば
     「実家に行ってきます」とか「着物クリーニングに出してくる」とか
     言ってたんだろうけど、


     お義母ちゃんの目には
     
     ダンナが仕事行った後に
     こっそり
     実家に着物や服をあげに行ってる


     そう うつったんだろな。

     日ごろの嫁姑関係が こういうときに 出ちゃうんだろうな~

     自分が蒔いた種なんでしょうか......007.gif      
 
        
       


        よろしければ 応援ポチッをお願いします040.gif
                   ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
                ありがとうございます072.gif
          
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2010-01-22 12:03 | お義母ちゃんは認知症 自宅編 | Comments(0)

            私のお義母ちゃんは 87歳072.gif
                 ☆認知症☆です
            そんなお義母ちゃんを綴った 介護日記です

      *以前の記事は (カテゴリ)お義母ちゃんは認知症 自宅編 をご覧ください
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   お義母ちゃんが78歳のときに
   例の着物事件 が起きて
   それ以来、嫁姑の関係は 悪化。というか
   用事がある以外は 話すこともなく、話しても無表情....。

   後にわかることですが、この頃からあちこちで
   私が着物を取ったこと(取ってませんけどね021.gif)を言いふらしてた。


   結婚して8年。今まで、積み上げてきた嫁姑関係は
   たった1日で 崩れ去ったのです。

   もう、二度と傷つきたくない。
   だから 義母とは 距離をおいた。

   私のダンナと義母の親子関係は もともと良くなかったので
   今回のような事(物がなくなったり)があった時、
   確実にダンナが疑われて 私には絶対 降りかからないって
   思ってた。
   その自信があったのに......。
   やっぱり、所詮 他人ですか。


   とにかく、その着物事件 を発端に
   お義母ちゃんの様子は変わっていった。
   
   物忘れが多くなる義母を ダンナは よく怒っていた。
   怒られすぎて、一人、部屋で泣く母。
   かわいそうに思いながらも どうすることもできない(しない)私。

   時には、手を出すダンナ。
   手を出すといっても、ほんとの手だったら、骨折しかねないし
   広告(1枚)を丸めて、それで シバくって感じ。
   見たことはないけど、音だけ聞こえてきたことがあった。
   怖かった。
   ダンナが手を出せる人じゃないと思ってたから。
   それだけは、やめてほしいと 伝えたが
   怒りが達したときは、シバいていたようだ。
   でも、必ず 私に報告してきた。
   ダンナも つらかったのだろう。そして 後悔していたんだろう。 
   
   これも、後に知るのですが
   お年寄りに、大きなショックを与えるのは よくないそうだ。
   認知症を進める原因にもなる というようなことをTVで言ってた。
   
   確実に、認知症は進んでいた。 


   


        認知症相手に 気持ちを伝えたい一心で
        それが結果、虐待になってしまうことってあるんですね。
        早く、認知症を理解していれば.......。
        よろしければ 応援ポチッをお願いします040.gif
                   ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
                ありがとうございます072.gif
          
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2010-01-22 11:12 | お義母ちゃんは認知症 自宅編 | Comments(0)

認知症の始まり(妄想)

            私のお義母ちゃんは 87歳072.gif
                 ☆認知症☆です
            そんなお義母ちゃんを綴った 介護日記です

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   昨日の続き~
   
    あんなことを言われた私は、人間不信じゃないけど、
    義母の顔を見るのも、しゃべるのも、怖くなってしまった。

    しかし義母の妄想は、さらにエスカレートし
    私の実家が毎年夏にくれる(畑で出来る)プリンスメロン
    私が着物をあげているお礼なんだと 私のダンナに言ってきた。
    (プリンスメロンは義母が好きだから、実家から貰ってきては
    いつでも食べれるように皮をむいて 冷蔵庫に用意してあげてたのに....)

       その頃は、すでにお義母ちゃんは 一人でご飯を食べていた。
       何度となく、ダンナをイラつかせる行為、発言があって、
       「一緒には食わん!自分の部屋で食え!」 って言ったからだ。
       まあ、昔から 気の合わない親子だから、
       私は口出しせず、ダンナの言うままにしていた。


    だから、今回もご飯の準備はするけれど、
    連絡係りは ダンナにまかせ、私は義母との接触を避けた。
    義母の物音を聞くだけで ブルブル震えるほどだった。

    ダンナが夜 仕事に出掛けた後は 二階に逃げていた。

    そんな日々を数日過ごし、次第に私の中に怒りが
    湧き上がってきた。
    ありもしないことを言われっぱなしなのは どうしても納得いかない!

    そう思い始めたら、気持ちは止められなくなってた。

    その気持ちを知ったダンナは
    「思ってること、お袋に言ったらいいやん!遠慮するな。」

    よし!言ってやる!

    義母の部屋をあけるなり、言い放った!

    「なんで、私がお義母さんの着物をさわるんよ!
    まして、実家にあげるわけないやろ!
    それに、お礼にプリンスメロンをくれやーるとか、今から
    実家に電話して聞いたら?
031.gif

    今まで、面と向かって ケンカしたことなかったから
    義母もびっくりし、そして やけに 落ち着きはらって

    「何をそんなに怒ってるんやいな~。
    そんなこと、実家に電話したら 心配しゃーるがな。
    やっちゃん(ダンナ)から何を聞いてるか知らんけど、
    ほんな本気にならんかて ええがな。
」と。

    かっちーん047.gif

    「私は、全部聞いてるんやで!
    やっちゃんに言わんと、私に直接聞いたらいいやろ!


    すると、
    「あんたに しゃべろうと思っても いつも怖い顔してるがな!

    ズキンっ
    ず、図星.....。

    私  「そ、そやけど 私はとにかく 着物なんて しらん!

    義母 「別に、言ってくれたら 着物なんかあげるのに、
        黙ってコソッと持ってかれると こっちも腹がたつがな!


    私  「だから、知らんって言ってるやろ!

    義母 「はいはい、誰もしらんなら この家にはもう一人いるんやな。
        その人が、とったんやろ。


    あきれた......。
    話し合うのがバカバカしくなった。


    この時、これが 認知症の始まりだと 誰一人思っていなかった。
    まさか、その時のもう一人の存在が本当に
    お義母ちゃんだけに 見えるようになるなんて.........。
   
    この時、お義母ちゃん 78歳。


    今日はここまでです。
    次回へ続きます。    

    

    


        認知症を理解するまでには 時間がかかります。
        そんな闘いをしておられる方を応援しています。
        よろしければ 応援ポチッをお願いします040.gif
                   ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
                ありがとうございます072.gif
          
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2010-01-20 11:48 | お義母ちゃんは認知症 自宅編 | Comments(0)

認知症の兆し.....

   私のお義母ちゃん(姑)は今年で87歳。
   認知症です。


   私達の嫁姑関係は、それなりに良い関係を保っていました。
   私との年齢差が 47年 あることもあって、
   特に 干渉することもなく
   私に子供が出来ないことに関しても
   ダンナのお姉さんにも子供がいないこともあってか
   一言も、私にプレッシャーを与えませんでした。
   ほんとに感謝してます012.gif

   逆に、早く孫を見せてあげたいって思っていました。

   昨日も書いたように、同居していくうちに
   私の仕事の忙しさや 体のしんどさ、私の気ままもあって
   ダンナと同じように、お義母ちゃんの存在を疎ましく思い
   あまり会話しなくなってしまっていた。
   話してても、耳が悪いお義母ちゃんとは
   大声で話さなければならないため、
   怒鳴ってるような感じになっていた。

   そうは言っても、言い争いするわけでもなく、
   ダンナよりは私のほうが話しやすいみたいだったし
   良い嫁では決してなかったけど
   嫌われてるとは全く思っていなかった。


   そんなある日、すべてがひっくり返る出来事が起きた。


   私が昼間、バイトに出掛けている時
   お義母ちゃんがダンナ(夜働いてたから昼間は家にいた)に
   
   「あんたは、あの子(私)に騙されてるで。
   早く目を覚ましや!」


   そう言ってきた。
   何のことがさっぱりわからないダンナが問いただすと

   どうやら、自分の妹に 着物をあげようと
   家に呼んだらしい。
   義母の和ダンスは 二階にあるため、
   久々に二階へ上がったようだ。
   すると、和ダンスの前あたりに
   空っぽになった着物入れ(一着ずついれる紙のやつ)が
   置いてあったのを見て
   私が、着物を実家の母にあげたと思いこんだらしい。
   完全な思い込みだ021.gif


   ダンナがそんな話を信じるわけなく
   念のために 私に聞いてきたが
   誰が、いまどき そんなおばあさんの着物が欲しいだろうか?
   普通に考えたってあり得ない。

   しかし、お義母ちゃんは 私が犯人だと疑わなかった。

    「あの子は、
   あんたが知ってるような子じゃないで!
   陰で何してるかわからん!
   騙されてるで!」


   もちろん、自分の妻をそんな風に言われたダンナは
   大激怒031.gif

   普段から 義母につらくあたるダンナが
   怒鳴りまくった047.gifのは 言うまでもない。


   それを、聞かされた私は、その日 ずっーーーーと
   泣き続けた007.gif

   あまりに突然で
   まさか、そんなことまで言われるなんて
   これっぽっちも 思っていなかったのだから。


   ただただ、悲しかった。


   そして、それが怒りにかわるまでの数日間は
   悲しみに明けくれた。

   今日はここまで。
   また次回。





     認知症の始まりって 一番厄介ですよね007.gif
     わかってほしくて、でもわかってもらえなくて.......。
     認知症介護をされてる方を応援してます072.gif
     よろしければ ポチッとお願いします040.gif
              ↓ ↓ ↓
           にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ         
 
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2010-01-19 10:16 | お義母ちゃんは認知症 自宅編 | Comments(0)

   私(40歳)のお姑さんは 今年87歳になります。
   タイトル通り 認知症です。
   今日は、認知症になるまでのお義母さんのことを書いてみます。

   

   私が23歳で嫁いできた時は お義母さんは70歳でした。
   私の母方のおばあちゃんの2歳下なので、(おかあさん)というより
   (おばあちゃん)って感じでした。

   嫁いだ時から、
   「私は、自分の事で精一杯やから、あんたらは二人仲良くしてくれたら
   それだけでいいでな~。」と言ってくれていた。

   義父は私のダンナが 小1のときに亡くなられたので
   お義母さんが一人で育ててくれた。
   でも、私のダンナとお義母さんは あまり仲良くなく、
   その分、私とお義母さんのほうは仲良くやっていた。

   お義母さんの口癖
   「私は、他所であんたの悪口は言ったことないで。」と。
   同じく、私も「ほんま、ええお姑さんなんや~。」と周りに言ってた。

   とはいえ、同居していくうちに、
   いくら、良いお義母さんでも、
   なんとなく存在が疎ましくなってくるものです。

   そのうち、耳の悪いお義母さんと話すのも面倒になったりして
   「どうせ、聞こえないから」と 返事をしなかったりもしてしまっていた。
   私のダンナさんをいらつかせるお義母さんに対して いらだち、
   私までが、お義母さんとの会話を減らしていったのです。 
   

   どんどん、お義母さんを孤立させてしまっていた......。
   私達夫婦に子どもがいたら、
   もっと、私がお義母ちゃんと話してあげていたら

   お義母ちゃんは
  ボケ たりしなかったのかな............。


   認知症に気付くきっかけになった事件は
   あまりに突然で
   あまりに衝撃的なものだった.......。


   今日はここまでです。

   続きはまた次回。


   
   
       認知症の介護されてる方を応援しています072.gif
       よろしければ ポチッとおねがいします。
                ↓ ↓ ↓
              にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

            ありがとうございました040.gif

   
   
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2010-01-18 21:37 | お義母ちゃんは認知症 自宅編 | Comments(0)

ささやかな☆幸せ☆

   今日も寒いけど 良いお天気058.gif
   来週からは あったかくなるらしいね
   うれしぃ~~~~016.gif
  
   やっぱ、寒いのは苦手007.gif
   こたつから、出られないもんね。
   そうすると、掃除も億劫になるし.....。

   冬場って家が埃っぽくなりますよね。
   ごわごわした服着るからかな。
   気づけば、ふわ~っと、綿ぼこりが.........。

   しょっちゅう、クイックルワイパーしてるんだけどな~



   それは さておき
   今日明日は ダンナさん休日出勤なのですぅ007.gif
   さみしいような........
   うれしいような

   あれ?うれしい気持ちのほうが 大きいのバレちゃいました?037.gif011.gif

   やっぱ、たま~に 誰も家にいない一人だけの時間って
   嬉しいよね~
   何してもいいっつーのが たまりましぇん011.gif
   というか、逆に何にもしなくていいってのが
   最高に贅沢060.gif

   なんせ ぐうだら主婦ですから、
   好きな時に食べて、好きな時に寝て
   好きなだけ PCいじって060.gif

   だから そろそろ 新しいカテゴリに取りかかろうと思ってます。

      ので、ブログ村の中の仲良し夫婦で訪問して下さった皆様、
      ありがとうございました040.gif

      仲良し夫婦のカテゴリからは 消えます(*^_^*)
      今しばらくは、
              にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
       
              にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
                ↑ ↑ ↑
       よろしければ、こちらからご訪問ください006.gif 


     こんな ささやかな幸せの休日に
     風邪もひかず、歯が痛くなったりせず(笑)
     穏やかにのんびりと過ごせることに感謝しよう
072.gif           
           
           最後によろしければ ポチッとお願いします053.gif
              ↓↓↓
           にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2010-01-16 11:13 | 休日の過ごし方 | Comments(0)

    しっかし、超さぶいっ008.gif
    こんな寒い日は 暖かメニューに限ります
    つーことで 我が家は おでんです034.gif

    昨日、会社で夕飯の話をしてて
    スーちゃんが 「シチューの時って他にどんなおかずにする?」
    って聞いてきたんですけど

    うちは、シチューカレーと同じ感覚で
    普通にご飯にかけて 食べるから
    あとはサラダくらいかな~なんて言ってたんです。

    でも、スーちゃんもヨーちゃんも
    シチューは あくまでもスープ感覚らしい。
    豚汁的なって言ってたけど
    うちの豚汁はこれまた 大鍋で作って
    うどんも入れるので
    思いっきり メイン料理なんだな037.gif

    だから、シチューや豚汁が サブメニューになっちゃうのが
    ありえな~い005.gif

    家々で、ルールっていうか 物のとらえ方みたいなもんって
    ほんと 違うよね~

    そういう意味でいうと 結婚って 
    違う環境で育ってきた二人が一緒に暮らすわけだから
    ひょんなところで ズレ(ご飯以外にもね)が生じるときがあります034.gif

    結婚して17年経っても、たま~に起こるんですが
    そんな時、 こんなにいろんな話してきたのに
    まだ わかりあえてないのかな?って
    淋しくなってしまう......。(大げさ?)


    ま、要は 人間 口に出さないとわからないことってあるんだな。

    シチューの話に戻ると
    ダンナさんも 高校生の頃に
    友達ん家で 初めて シチューかけごはんを食べたらしい。
    初めはびっくりしたけど、おいしかったらしいから 
    これも アリだと思ったらしい。
    その時、まずかったら、今頃 我が家でもシチューは
    サブメニューだったのだろうか?

    よかった041.gif
    だって、シチューのときの メインメニューなんて
    いっさい、思いつかなーーーーーーいもんね042.gif    
     


      シチューかけごはんも アリって方は     
      よろしければ ポチッとお願いします040.gif
          ↓↓↓
      にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ

       ありがとうございます053.gif
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2010-01-15 10:22 | 日々のつぶやき | Comments(2)