yachuka love

lovefuufu.exblog.jp

何があっても 愛で乗りきれるのだぁ ねっ

ブログトップ

タグ:在宅介護 ( 43 ) タグの人気記事

               072.gif帰ってきたお義母ちゃん072.gif

            平成16年7月から ずぅ~っと 老人保健施設に入ってたお義母ちゃんを
            平成24年5月から 在宅介護することに 決めました012.gif
            家で看取りたい!その一心だけで始めた 素人の在宅介護日記です
056.gif

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
  (長文です042.gif

   義母が亡くなる前から、

   心の準備だけでなく

   いろんな準備を進めていました。



   葬儀屋さんへは 2月に 義母が誤嚥性肺炎で 入院したときに

   会員登録していました。


   今、その時のブログ(⇒コチラ)読んだら


   泣いてしまいました007.gif


   その時は まだまだ先だと思ってたのですが、

   いよいよ近づいてきて 再び 詳しい話を聞きに行って

   家で 家族葬をすることを決めておきました。



   普通は なかなか葬式の段取りなんて できないものですが、

   幸い?時間があったので 


   前もって、お寺さんにも その日が近いことを 私が 連絡しました。


   すると、今 何かの会長になってるとかで

   とても忙しくされてて、


   「当日 行けない場合がある。」と 奥さんに言われた。


   その時は 他のお寺さんを紹介してもらえるか 尋ねると、


   「葬儀屋さんでも 紹介してもらえるので、そちらで 紹介してもらってください。」と



   想像もしてないような、冷たく突き放した言い方をされたのです。



   すぐ 葬儀屋さんに 聞いたら、

   「そんなこと言われるお寺さんは 珍しい。」とのこと。



   そりゃそうです034.gif

   先代は わかりませんが


   少なくとも、ダンナの父のお葬式から 約50年、

   ずっと、付き合いがあったはずなのに。



   途中で 月参りを やめたからでしょうか?

   毎年 父の命日には お金を包んで お寺さんで

   おつとめ をあげてもらってるのに。



   もちろん、ダンナも 怒ってしまって、

   しかし、お寺とケンカするわけにもいかないし、


   でも もうそんなお寺には頼みたくない気持ちでいっぱいになりました。



   こんな理由で お寺を替えてもいいものか、


   途方にくれて、PCで お寺を検索したら、


   なんと 同じ宗派のお寺さんが 同じ町内にあり、

   ホームページを作っておられました。



   そこに、 不安なことや 困ったことがあったら

   気楽に メールください。と書いてありました。



   ダンナと相談して すぐメールしました。



          〇〇町に住む 〇〇〇yachuka と申します。

          (理由を簡単に書き)

          義母の命が消えそう中、途方に暮れています。

          こんな理由でお寺さんを替えてもいいのか

          どうか 教えてください。




   しかし、いくら待っても 返事はきませんでした。

  
   文字数オーバーで エラーが出たりして うまく送信できてなかったのか?


   やはり 同じ市内の 同じ宗派だと 

   門徒を取った、取られたとかで 問題があるのかな?と


   勝手にあきらめていました。


   介護をしながら、あれこれ 考えるのも しんどくなり、


   なるようになれ!と 流れに任せることにしました。





   そして、亡くなった朝、 6時まで待って  元々のお寺さんに電話しました。


   すると、「家族葬ですね? 当日は伺います。」 とのこと。


   ダンナが、「当日っていうことは 通夜や枕経は?」と聞くと、


   「家族葬の方は 通夜もされない方多いですよ。」と。


   「うちは してほしいんです。枕経は どうなります?」と聞くと


   「それも 葬式当日に一緒にします。」だと。



   ちなみに この会話の相手 全部 お寺の嫁です。

   いちいち、ごえんさんに 聞いて それを代弁してます。



   一回も ごえんさんは 電話に出てきませんでした。



   枕経っていうのは、普通 亡くなったらすぐに来て

   お経をあげてくださいます。


   それを わざわざ、朝が明けてから 電話してるのに022.gif 



   もう、電話の途中で ダンナが怒り始め、


   「そんな言い方されると 思ってもみませんでしたわ!」と言うと


   「おたくは、毎月 月参りしてる門徒さんとは 違いますので

   そこまでは できません」 って言いやがりました。



   もういいわ!




   ダンナに もう やめよ! と言い、



   すぐ、例のメールをしたお寺さんに 電話することにしました。


   怒り狂ってるダンナは 私に 電話してくれと言ったので


   電話をすると、


   そこの奥さんが出て


   「今まで お付き合いがないのですが、

    初めてお電話させてもらいました、〇〇〇と申します。

    母が 1時39分に亡くなりまして....。」 そこまで言うと、



    「え~~~~~!そしたら、すぐ 枕経に 伺います!」と言われるので


    「来ていただけるんですか?」と聞くと


    「もちろんです。今、ごえんさんに 代わりますね。」 と言われ、電話を代わられました。


    すると、 第一声で




    「yachukaさん?」 と言われました。



   そうです。メールを読んでくださってたみたいで、


   返事を何回も したけど 送信できなかったこと、

   104で 電話番号調べたけど わからなかったこと、を知りました。



   アドレスを 入れ間違ったのか?

   ダンナの名前でメールすればよかったのに、私の名前でメールしたから、

   連絡がつかなかったみたいです。 (相変わらず ヌケてる私。。。)




   そこまでしてくださったことに感動し、

   ホッとして


   「そしたら 事情はご存じなんですね?

   さっき、枕経も断られてしまいまして....007.gif


   ここで 大号泣した私は ダンナと電話を代わりました。



   それまで、義母が亡くなってから 一度も泣いてなかったダンナが


   「うっ007.gif すいませんっ007.gif

   妻が007.gif 泣いてしまいまして007.gif」って


   泣いてる私が ひくくらい 泣いていました。




   結局、すぐに 来て下さり 枕経をあげてくださいました。



   ほんとに、ほんとに いい ごえんさんで


   親戚一同 惚れ込んでしまいました。




   葬儀の最後に



   「こんな言葉は 不謹慎かと思いますが

   これほどに みなさんが涙を流される姿を 美しいとさえ 思いました。


   その中でも 特に

   ご夫婦(私達のこと)で 肩を抱き合って 泣いておられる姿は


   初めて 見させていただきました。


   この場に ご一緒させてもらえて、有り難く思います。」 と


   本当に 有り難いお言葉をいただきました。





   今回、このごえんさんは もちろん


   在宅介護を するにあたって、


   出会った人々、


   主治医の先生、

   ケアマネージャー、

   市役所で いろいろ教えて下さった方、

   訪問看護師さん、

   ヘルパーさん、


   そして、最後の 葬儀屋さんも、




   すべて、すべて 親身になって 

   助けてくださいました。




   ごえんさんが言われたように、



   これも すべて お義母ちゃんが もたらせてくれた 縁なのでしょう。



   こんなにも 母は 偉大だったんですね。




   ありがとう。



   これからも お義母ちゃんが作ってくれた 御縁を 大切にしていきます。








   お義母ちゃん、 ありがとう。




  


   

   
    
   



           よろしかったら、ポチッとお願い致します040.gif

           素人介護の励みになります012.gif
                     ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2012-09-21 15:09 | お義母ちゃんの在宅介護日記 | Comments(2)
               072.gif帰ってきたお義母ちゃん072.gif

            平成16年7月から ずぅ~っと 老人保健施設に入ってたお義母ちゃんを
            平成24年5月から 在宅介護することに 決めました012.gif
            家で看取りたい!その一心だけで始めた 素人の在宅介護日記です
056.gif

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 


   前記事の続きです。


   このままでは 朝までもたないと判断した私は


   吸引をして 少しでも呼吸が楽になるように してあげようと思いました。


   前の日、吸引した時に 鼻血が出たので それがのどに溜まってるのかもしれない。


   でも、お義母ちゃんの呼吸からして、この吸引が命取りになるかも?と


   ためらいました。


   その思いをダンナに 伝え、数分考えてる間に

   ダンナさんが トイレに行きました。


   そこで、義母がまた のどを動かしたので


   「よし!」と 決断し 吸引をしました。


   いつも 吸引しやすい左鼻から 吸引すると


   やはり 少しだけ 血混じりの痰がとれた。


   そして、口からも 少し吸引したけど、あまりとれず、


   苦しむとかわいそうだから、すぐ終了しました。


   そして、吸引器を片付けて すぐ義母の様子をみたら、


   無呼吸になってるので、


   脈を計ったら、ほんのわずか 動いてるだけでした。


   すぐ ダンナを呼び 

   トイレから戻ったダンナと二人で 脈を探した。


   ほんの少し 動いた脈は どんどん動かなくなって、



   ダンナさんが 「おかあちゃん!」 と叫んだ。


   すると、大きく息を吸い込む音が聞こえ、


   それっきり、呼吸も 脈も 動かなくなりました。


   しばらく、体中の あらゆる脈のあるところを 触りまくり


   お義母ちゃんが ほんとに 息を引き取ったことを 確認しました。



   






   吸引なんか しなかったら よかった。。。








   吸引なんか、







   吸引なんか、








   後悔の念で  泣きじゃくる私を ダンナは 慰めてくれました。



   「yachuka のせいじゃない。その時が 来たんや。」



   しばらく ダンナと私と お義母ちゃんと 3人の時間を過ごしました。


   まだ 温かい義母を抱きしめると


   口から 息が出てくるので 生き返ったんじゃないかと思い


   何度も何度も 脈を計ったけど、





   お義母ちゃんは もう帰らなかった。





   主治医の先生に 来ていただき



   9月13日  1時 39分  ご臨終です 


   と言われました。


   そして、よくがんばりましたね、と。



   泣きました。


   泣きました。






   泣きました。






   それから、訪看さんに連絡し 


   ダンナは すぐ車を乗り換えに 会社に向かいました。


   訪看さんが来られ、エンゼルケアをして頂きました。



   いつも通り 義母に声をかけながら 体を拭いてくださり


   私も手伝いました。


   一番お世話になった 担当の看護師さんが たまたまその日


   夜間の当番だったので ほんとに嬉しかった。



   そして、最後に吸引したこと、後悔してることを話すと、


   「最期に 吸引してもらって 楽になったんやから よかったんやで。」といってくれたけど


   「最期に 苦しい思いさせて 怒ってやーれんかな?」って言うと


   「怒ってやーれん!!」と 強い口調で 叱って下さいました。





   だけど、誰が何を言ってくれても 私が 吸引したから


   死期を早めてしまったのです。



   それは まぎれもない事実。



   あのまま、静かに見守って ゆっくりゆっくり 眠っていくところを


   見届けられたのに。



   あと、数時間だったのか、数分だったのかはわかりませんが、


   私の後悔は 一生消えない。





   だけど、いつまでも そのことに落ち込んでると 

   ダンナが 


   「もう、言わんといて。」と言った。


   その言い方は  あんまり言うと 私を責めてしまうから、なのかも?と思えた。



   もう 言うまい。


   たしかに、あのとき 仮眠していた私達夫婦を


   お義母ちゃんは 呼び寄せたのです。




   私達が ぐっすり 眠ってしまってる中でなく、


   義母が大好きな二人が 見守る中で


   静かに 静かに 旅立って行ったのです。






   ほんとうに ありがとう。



   ほんとうに ありがとう。




   お義母ちゃんの 遺してくれたものは


   私達が 想像するものを 遥かに超えた 素敵な縁だったのです。




   

 
   


   
   





   



           よろしかったら、ポチッとお願い致します040.gif

           素人介護の励みになります012.gif
                     ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2012-09-20 16:06 | お義母ちゃんの在宅介護日記 | Comments(0)
               072.gif帰ってきたお義母ちゃん072.gif

            平成16年7月から ずぅ~っと 老人保健施設に入ってたお義母ちゃんを
            平成24年5月から 在宅介護することに 決めました012.gif
            家で看取りたい!その一心だけで始めた 素人の在宅介護日記です
056.gif

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

   お義母ちゃんが 旅立って

   早や1週間が過ぎました。


   励ましのコメントやメールをいただき ありがとうございました



   まだ、実感がないです。



   家で葬儀をしたので バタバタ、ゴタゴタしていて、


   銀行や 市役所、

   お寺さんや クリニック、親戚へのあいさつ回り、


   など することは山ほどあり、


   ダンナさんも 今日から仕事へ復帰し、


   私自身も 少し 落ち着いたところです。





   お義母ちゃんの 最期を 少し振り返っていいですか?




   

   9月12日、朝から 呼吸が 浅かったんです。


   吸うのも吐くのも 短いっていうか、


   ハァ~~~、ハァ~~~~~、というより


   ハッ、ハッ、ハッ、ハッ。。。という感じ。


   黒っぽい便も 朝、昼、夕方と 3回も出ました。


   昼の1時半に いつも通り

   訪看さんが来て下さり、


   通常通りに 体のチェック、シャンプー、点滴をしてもらったんですが、



   義母の息遣いに 何度も何度も 不安げに見つめる看護師さん。


   いつもなら、点滴の後の ヘパリンロックは クリニックの看護師さんに

   来てもらってたんですが


   その日はたまたま お休みで 私がすることになってました。



   ですが、訪看さんが、



   「血圧も下がってるし、点滴終わったら ヘパリンロックしに

   もう一回、来てもいいですか?」と言われました。



   「なんか、心配な感じですか?」と聞くと


   「う~~ん、ちょっと 気になるかな?」って言われました。



   そして、点滴が終わる5時ころ 

   違う訪看さん(婦長さん)が 来てくださいました。



   そのとき、また便の臭いがしたので、

   訪看さんと一緒に オムツを替えたんです。



   いつもより、量が多くて 訪看さんが


   「お知らせかもしれんな~。」って言いました。


   でも、1週間ぐらい 黒い便は続いてるし、


   スポンジを口に入れると ギュっっと 口をすぼめたりしてたし、


   まだ 大丈夫って思ってたんですよね。




   でも 息遣いは、 ずっと、浅いままでした。



   その頃、 夜ごはん食べた後、


   夜中 何回も起きれるように 


   夜9時くらいから 義母の部屋で 仮眠取ることが多く、


   9/12の夜も 私は 義母の部屋で 

   ダンナは 2階の寝室で


   夜9時~ 0時くらいまで 仮眠をとりました。


   で、0時頃 ダンナが起きてきたので


   「お母ちゃんの脈見て~。」と言って 様子を見てもらいました。


   その時は 「トクトクトクトク」と早かったので 安心して、

   数分後も 同じく 脈をみてもらったら 「トクトクトクトク」と 早かったんです。


   私も 起きて 二人で まだ歯を磨いてなかったから


   リビングで 歯を磨いて、 ちょっと TVの話などで 談笑してました。


   そして、1時前くらいに 義母の部屋に行き、


   脈を計ったら、すごく ゆっくりになってました。



   今までから 看護師さんに 最期はどうなっていくのか聞いていたので


   脈がゆっくりになったら  いよいよ危ないってわかってた。



   ダンナに


   「ちょっと、来て!脈がゆっくりになってきた!」と呼び


   それから、二人で 義母のそばに寄り添っていました。


   呼吸も 浅く、 少し 息がしづらそうに 感じました。


   素人の私達がみても いよいよ もう長くないなと 感じとれました。



   このまま、朝まで持ちこたえられるかどうか.....。


   だから このまま 寝てしまいたくなかった。

   でも、ダンナは 会社の車を乗って帰ってきてたので


   とりあえず、朝は仕事に行かなければならない。


   何度も、 「もうそろそろ、会社の車で帰ってきたら あかんで!」って言ってたのに


   義母が亡くなるかも?っていう準備がしたくなかった、と後から知りました。



   とりあえず、朝だけ仕事へ行って、すぐ帰ってくると言ったので、


   あと、8~9時間 なんとか もたせないと!と 思い、


   息がしづらそうな義母に 吸引をしてあげようと思ったんです。



   それが、まさか.....



     長くなったので 続きは 次の記事へ    


     



           よろしかったら、ポチッとお願い致します040.gif

           素人介護の励みになります012.gif
                     ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2012-09-20 15:08 | お義母ちゃんの在宅介護日記 | Comments(2)

お義母ちゃんありがとう

               072.gif帰ってきたお義母ちゃん072.gif

            平成16年7月から ずぅ~っと 老人保健施設に入ってたお義母ちゃんを
            平成24年5月から 在宅介護することに 決めました012.gif
            家で看取りたい!その一心だけで始めた 素人の在宅介護日記です
056.gif

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 



    9月13日 午前1時39分

    お義母ちゃん 他界しました。








           よろしかったら、ポチッとお願い致します040.gif

           素人介護の励みになります012.gif
                     ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2012-09-13 02:31 | お義母ちゃんの在宅介護日記 | Comments(8)

今日も がんばってます

               072.gif帰ってきたお義母ちゃん072.gif

            平成16年7月から ずぅ~っと 老人保健施設に入ってたお義母ちゃんを
            平成24年5月から 在宅介護することに 決めました012.gif
            家で看取りたい!その一心だけで始めた 素人の在宅介護日記です
056.gif

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

   病院で 7月までもたないと言われてから、4か月、


   ほとんど 口から 食事が入らなくなって 1か月以上、


   完全に 口から 水分も入らなくなって 10日。


   お盆まで厳しいか?8月いっぱいは ムリか?


   などと みんなの予想を ことごとく覆しながら、


   今日も、がんばって生きてます012.gif


   相変わらず、無呼吸は 頻繁にあり

   おまけに あごも しょちゅう はずれます042.gif


   わたくし、とうとう あごをはめる技まで 取得してしまいました066.gif


   脈拍も 1週間以上 早いまま 突っ走ってるし、

   便も 1日に2回くらい 出たりする日も多くなり、

   こげ茶色から 黒緑色になってきました。


   もう これ以上 痩せられないくらい 痩せてしまって、


   ベットマットに 当たるとこ当たるとこが


   赤く内出血したり、破れたり007.gif


   でも、もう痛みも 感じないのか、

   痛がりも 苦しみもせず、


   比較的 穏やかに過ごしています。


   ただ 無呼吸になるから、その後の呼吸は


   いつも しんどそうです。


   病院にいたら、酸素吸入してるんでしょうね008.gif

   それでも 自力で 呼吸する姿に


   もう、がんばれと 言ってあげるには 可哀そうなくらいです。




   今日、ほんとは 私の定期検診の日だったんですが、


   予約をした3か月前は 


   「今度来るときは、もうお義母ちゃんいないんだな~。」って


   思っていました。037.gif


   ちょうど、義母の点滴の時間に 重なってしまったので


   1カ月後に 変更してもらいました。



   で、またキャンセルすることになったりして011.gif



   主治医も 看護師さんも 驚くほどの生命力です072.gif


   毎日、ダンナが出勤前にささやく、


   「おかあちゃん、待っててな」 の声が


   届いてるのかもしれません012.gif

     


           よろしかったら、ポチッとお願い致します040.gif

           素人介護の励みになります012.gif
                     ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2012-09-12 12:20 | お義母ちゃんの在宅介護日記 | Comments(0)

目が離せない。

               072.gif帰ってきたお義母ちゃん072.gif

            平成16年7月から ずぅ~っと 老人保健施設に入ってたお義母ちゃんを
            平成24年5月から 在宅介護することに 決めました012.gif
            家で看取りたい!その一心だけで始めた 素人の在宅介護日記です
056.gif

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 


   週末まで もつかな~って 覚悟してましたが、

   昨日は 無呼吸がありながらも 安定していたお義母ちゃんです。


   土曜の夜は 「あ~~~~~、あ~~~~~」と 

   唸り続けてたので、 私も しっかり睡眠が摂れなかったし、


   昼間も 近々 粗大ごみを出す日があるため、


   捨てようと 庭に置いてたタンスを ダンナと


   分解し、紐で くくったりして 大汗かいて 疲れてて、


   夜風で ちょ~っと、風邪気味だったこともあって、



   って、誰に言いわけしてるんだって感じですが、




   昨夜は 久しぶりに 自分の寝室で寝ることにしたんです。


   ダンナは、夜中 何回か目を覚ますので


   お義母ちゃんの様子を観てくれるし、


   お義母ちゃんも おしっこも出てたし、安定してたので


   ぐっすり 眠れました012.gif


   そして、今朝7時頃、 義母の様子をみると、


   すんげぇ~大きな口を開けて 呼吸しています。



   どんだけ酸素を 吸収しようといてるんだ005.gif と思ったけど、

   なんか、様子がおかしい。



   わかった034.gif



   こりゃあ、あご はずれてるわっ042.gif


   痛いだろうし、ダルいだろうけど、


   呼吸はできてるみたいなので


   7時半まで待って、 主治医に連絡しました。


   先生も あごがはずれたのをもどした経験はないようで


   「ちょっと、今から調べて行きますね~。」と言って下さり、


   8時前に来て下さいました。


   「できるかな~?」って 少し不安げでしたが、


   すぐ はめてくださいました041.gif


   よかったぁ。


   前々から、ご飯食べるときとか、


   最近では あくびするときに


   カクンってなってたので

   いつか はずれるんじゃないか?と思ってたんですが、


   どうやら、夜中の間に はずれちゃったみたいです007.gif


   ダンナが 今朝5時半ごろ 見た時には

   すでに 大きい口開けてたらしいけど、


   まさか あごがはずれてるとは 思わなかったみたいです042.gif



   まぁ、私が 一緒に寝てても 

   防げたわけじゃないけど、


   なんだか ゴメンネ007.gifって思いです。



   あごがはずれるのって、クセになるっていうけど、


   私も 戻せるように 練習しないとな042.gif


   ま、その前に あくびしそうな時は わかるので


   大きく開けすぎないように ガードしなくては042.gif



   無呼吸は あいかわらず頻繁ですが


   1分くらいで また呼吸するので


   ちょっと、慣れてきちゃいました。



   ただ、毎日 こげ茶色の便が出ることと、


   脈が やや弱くなってきたことが 気になります。





           よろしかったら、ポチッとお願い致します040.gif

           素人介護の励みになります012.gif
                     ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2012-09-10 11:41 | お義母ちゃんの在宅介護日記 | Comments(0)
               072.gif帰ってきたお義母ちゃん072.gif

            平成16年7月から ずぅ~っと 老人保健施設に入ってたお義母ちゃんを
            平成24年5月から 在宅介護することに 決めました012.gif
            家で看取りたい!その一心だけで始めた 素人の在宅介護日記です
056.gif

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

   もう、私がしてあげることは ないんだろうか?


   金曜日から 1分くらいの無呼吸が 頻繁に起こる。


   無呼吸に気付いた時は 

   「大きく息を吸ってくださ~い!」と 声をかけてるけど、


   それで 吸ってくれる時もあれば、


   ゆすっても、軽くたたいても 反応なく、

   1分くらい経つと 苦しそうに 激しい呼吸が始まります。



   今日は、1分無呼吸⇒激しい呼吸⇒1分無呼吸⇒激しい呼吸

   この繰り返しが 夕方から 3~4時間続いた007.gif



   痰がたまっても、 最近はむせたり 咳き込んだりする元気もないので


   とてもわかりにくいです。


   念のため、取ってみるか034.gifと思って取ると、

   めちゃめちゃ溜まってたり、


   溜まってそうだなと思って、取ると


   全然取れなかったり......。


   あんまり むやみに 吸引するのは しんどい思いをさせるから、


   難しいところです042.gif


   今も 夜中の3時ですが、

   声もだせないくらいに 衰弱してるのに、



   「あ~~~~~~~、あ~~~~~~~。」と


   唸っています。


   吸引してみたけど、何も取れない。


   相当 しんどいんだろうな007.gif


   何にもしてやれない002.gif


   昨日、苦しがってるお義母ちゃんに


   「明日、Tさん(お義姉さん)が 帰ってきゃーるよ~。


   がんばろうな~」 

   って言ったら、 それまで ほとんど反応なかったのに


   静かに 頷きました。


   そして、今日 無事 お義姉さんとは会えました。

   よかったぁ。


   毎週帰ってきてくれるお義姉さんですが、


   今日、帰るときは 初めて 「じゃ、また来週帰ってくるよ」とは

   言わずに 帰っていかれました。


   もう、みんな お別れが近づいてると 覚悟してます007.gif


   脈も まだずっと早いままで、

   心臓が 一生懸命 がんばってます。


   お義母ちゃんの心臓は すごく強いんだろうな~。

   昔から 血圧も高く、

   今は 心房細動があるけど、


   よく ここまで もってくれてます。


   きっと、ご飯がちゃんと食べれれば、100歳まで生きれるほどの


   心臓なんだろうなってお義姉さんと 話してました。



   でも、胃ろうなどの 選択をしなかったことに


   後悔はありません。


   食べることが 大好きだったから

   ギリギリまで 食べられて 


   「おいしいかった012.gif」 って笑顔がいっぱい見られたから。 




   今日、お義母ちゃんを ギュッと抱きしめた。


   とても温かかった。


   「ありがとう。大丈夫やで。ずっと そばにいるでな。」


   少し 頷いてくれた気がした。




   ただ、見守るしかできないけど、


   ずっと、そばにいるよ。




           


          土曜日の朝 友達のスーちゃんのお義母さんが亡くなられました。

          うちより、うんと若かったし、家族もつらいでしょうが、

          病気でずっとがんばり続けてこられたし、

          最期、みんなに看取られて 幸せそうだったからよかったと聞いて

          安心しました。


          ご冥福を心からお祈りいたします。









           よろしかったら、ポチッとお願い致します040.gif

           素人介護の励みになります012.gif
                     ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2012-09-09 03:43 | お義母ちゃんの在宅介護日記 | Comments(2)
               072.gif帰ってきたお義母ちゃん072.gif

            平成16年7月から ずぅ~っと 老人保健施設に入ってたお義母ちゃんを
            平成24年5月から 在宅介護することに 決めました012.gif
            家で看取りたい!その一心だけで始めた 素人の在宅介護日記です
056.gif

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

   先日、義母の5月分の高額医療費が少し 戻ってくるとかで

   市役所からハガキがきてたので、


   ついでに 

   在宅介護を始める前に

   相談に乗ってもらった老人福祉課の方に


   感謝の気持ちを伝えに寄ってみよう012.gif

   
   昨日、行ってまいりました070.gif



   行ったはいいけど、 名前を忘れてしまって、


   10何人の人が こちらをジィ~と見てくれましたが、


   それらしき人はいません。


   出てきた若い人に

   「以前、相談させてもらって、ちょっとお礼が言いたいんですけど、


   40代ぐらいの人で....。」と 伝えると、


   義母の名前を聞かれ、パソコンで探してくれました。


   相談に乗ってもらった内容など、全部打ちこんでるんですね~005.gif


   そのパソコンを隣の女の人が覗き込んで


   「〇〇〇としこさん...なんか聞いたことあるな~。」と言われ


   見たら、まさしくその人でした。


   思わず、「まさしく、その方です!!!」と言ってしまいました042.gif


   そして、あの日のことを話し、(詳しくはコチラをどうぞ)


   あなたのお言葉で 在宅介護をすることに迷いがなくなったこと、

   自己満足だと思うけど、看取ってよかったと思ってる、と言われたこと、


   そして、何より 「在宅介護を考えてる」と言ったら


   「ありがとうございます040.gif」って言ってもらえたこと、


   感謝の気持ちを伝えてたら、


   涙がポロポロ流れてきちゃいました。


   その方も、「そんなこと言われたら 私も泣けてきます007.gif」って


   二人して、ウルウル再会を 果たしました。



   ほんとに あの人がいたから

   今があるようにさえ 感じます。


   ありがとう040.gif



   涙を拭きながら、ほんとの用事を済ませようと、


   ハガキを見たら、なんか 場所の地図がわかりづらく、


   受付の人に聞いたら、


   私がいるのは 市役所別館で


   ほんとの用事は 市役所本館。


   ひえ~~~、涙も乾くほど 自分にあきれちゃいました042.gif



   相変わらず、鈍くさいことしてます。


   この前も 往診の先生が 玄関入って来られる時


   「これ、いいんですか?」と 


   またもや 差しっぱなしにしてた鍵を 抜いて 渡してくださいました011.gif




   今日は、お義母ちゃんの 脈が止まってる!!!!!と思ったら


   いつも触ってる、脈が計りやすいプクッと膨らんだところじゃなく、


   プクッと膨らんだ、骨を触って 一人で焦っていました042.gif


   もちろんダンナさんは 呆れかえってましたけどね037.gif


   そんな 笑ってる場合じゃないほど


   お義母ちゃんは 呼吸が苦しそうなのに ごめんね007.gif



   今日も 黒っぽい便が出ました。


   でも おしっこも ちゃんと出ました。


   脈は 昨日同様 超早いです。


   呼吸も 荒い呼吸と 浅い呼吸が 交互にきてて、


   時に 無呼吸もあります。



   明日は 点滴。

   

   もうそろそろ楽にしてあげたいって思うようになってきた私と


   それでも、生きてほしいって思うダンナさんとの狭間で



   一生懸命 生きてるお義母ちゃん。



   ダンナが寝る前に ポツリ。


   「おかあちゃん、明日も目 覚ましてな。」


   



           よろしかったら、ポチッとお願い致します040.gif

           素人介護の励みになります012.gif
                     ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2012-09-07 00:08 | お義母ちゃんの在宅介護日記 | Comments(0)
               072.gif帰ってきたお義母ちゃん072.gif

            平成16年7月から ずぅ~っと 老人保健施設に入ってたお義母ちゃんを
            平成24年5月から 在宅介護することに 決めました012.gif
            家で看取りたい!その一心だけで始めた 素人の在宅介護日記です
056.gif

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
   

   お義母ちゃんの部屋で 一緒に寝るようになって


   もう 10日以上経つかな?


   最初は、まだ一緒に寝なくてはいけないほどでもなかったけど

   痰が絡んだ時、すぐ吸引できるし、


   意外と 折りたたみベッドも 快適なんですよね006.gif


   しかし、今は 片時も目が離せない感じの


   息遣いになってきて 毎日 ハラハラです。


   そのくせ、わたくし 一回寝ると

   爆睡するタイプでして037.gif


   一緒に寝てる意味あるのか?ってくらい 熟睡してしまいます。


   声を出してくれると 


   ハッとして起きますが、


   静かに苦しがってても 全く気付けてないと思う。。。042.gif 



   昨日は おしっこが すごく少なかったので

   心配でしたが


   今日はそこそこ 出て 一安心。

   おまけに また 濃い色の便も出ましたが...。


   点滴は 8/24~ へパロックで つなぎっぱなしだった管を


   今日、取りました。


   また 今度 金曜日から 新たな針で


   へパロック スタートします。


   針 入るかな?


   もう、点滴するのも 悪あがきしてるだけな感じはしますが


   少しでも 義母が楽なら してあげたい。


   だけど、


   「えらいか?」って 問いだけに


   「うん」とうなづく義母を もう楽にしてあげたい気持ちも出てきた。



   今日は 脈拍が 150回/分 くらいあります。


   そりゃ、しんどいわな。


   おしっこが出なくなったら あと二日くらい って言われています。


   まぁ、二日出なくて また復活して 1週間生き延びたおじいちゃんもいるって


   看護師さんは言ってましたが、



   一般的には 2日ぐらいらしい。


   おむつを 交換するたびに


   「あ~、よかった012.gifまだ、大丈夫。」って


   思っています。


   ダンナさんも、毎朝 覚悟を決めて 仕事に出掛けます。


   時間が許す限り、


   義母に話しかけ、


   「おかあちゃん、ありがとな、ありがとう」って言う言葉に


   何か言いたいのか、たまたまなのかわかりませんが、
   

   口をパクパクさせる義母。



   それに対して ダンナさんは


   「うん、うん、、わかったで。うん、ありがとう。」って


   親子の心の会話を しています。





   最近、思うのです。


   周りから 義母はこれだけ面倒看てもらえて 幸せやなって


   言われますが、


   そんなことは 私自身 全然思わないし、


   私達夫婦の自己満足でここまで やってきたし、



   ただ、私が死ぬ時


   こうやって、誰かそばにいてくれたら 幸せやな~  って


   強く思うようになりました。


   ダンナも10歳上で


   子供もいない私は

   
   順番通りなら



   ひとりぼっちで 死んでいくんだろうな。


   なんて。


   (でも、希望は ダンナと二人一緒に 死ぬこと。

   残されたくも 残したくもないもん。)



   そう考えると、義母は幸せだな。


   お義母ちゃんの事が 大好きなふたりが


   ずっと、そばにいるから。




   そう思ったら、自己満足だけで 始めた介護に


   答えがでたような気がします。




    


    



   



           よろしかったら、ポチッとお願い致します040.gif

           素人介護の励みになります012.gif
                     ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2012-09-06 03:17 | お義母ちゃんの在宅介護日記 | Comments(4)

そばにいるよ

               072.gif帰ってきたお義母ちゃん072.gif

            平成16年7月から ずぅ~っと 老人保健施設に入ってたお義母ちゃんを
            平成24年5月から 在宅介護することに 決めました012.gif
            家で看取りたい!その一心だけで始めた 素人の在宅介護日記です
056.gif

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

   いよいよ、口から飲み物も 摂れなくなってきました。



   強引に 体を起して、

   のどをマッサージして、

   口があいた瞬間に 

   ジュースを 入れ込んで

   また、のどを優しくさすって、


   さすって、

   さすって、


   ゴックンするまでさすって、、、、


   って、もうそこまでしてあげるのは 可哀そうになってきて、


   だから、もう 体を起していません。


   横になってる状態で 

   口の中を スポンジで 水やジュースで潤すぐらいです。



   体には 全く力が入らず、

   脳梗塞の後遺症で 硬直していた左腕も

   伸びきってきました。



   昨日と、一昨日は 

   何も食べてないのに、


   こげ茶色の もっと濃い色の 一見、黒っぽい便がでました。


   今日 往診してもらった時に聞いたら、

   内臓からの出血なら、もうこんなことしてられないので、

   胃にストレスがかかってきてるんでしょう、ということでした。



   亡くなる前に、黒いものがいっぱいでる人がいるって、聞いたことがあったので


   ちょっと こわかったのですが、


   血圧や酸素濃度など、とても落ち着いていて、

   ほんと、お義母ちゃんの生命力に驚かされます。



   看護師さんも 義母の過程をみてきて、


   きっと、苦しまず 静かにその時を 迎えるんじゃないかな?と。

   いわゆる、理想的な感じらしい072.gif


   【死】に 理想なんか あるのかわかりませんが、


   89歳の義母が 一生懸命に生きて、

   最期 苦しまず 静かに 逝けたら 


   やっぱり それは理想的なのかもしれません。


   最近は、ほとんど 目をつぶっているお義母ちゃん。


   痰がのどの奥に 溜まってるときに 


   「あ~~~」と か細い声を出すくらいで



   あとは、話しかけると口パクで 「はい」とか 言ってくれてたのさえも、


   反応が かなり 薄くなってきました。


   でも、顔を近づけると


   「うん、うん045.gif」と 頷いてくれます。



   今日、ぼ~っと うつろな目を開けてるお義母ちゃんに


   顔を近づけて、 「ありがとう」って言ったら、


   口をパクパクさせて、


   何か話したそうでした。


   そして、ふと見ると

   目頭に 涙が溜まっているように感じました007.gif


   「ずっと、そばにいるでな012.gif


   そう言うと、また 眠りの中に入っていきました。



   いよいよ、本当の終末期を迎えたようです。


   先日、義母の一番大好きな妹さん(83歳)がお見舞いに来てくれました。


   おばちゃんも、みんな体がしんどくなってきてて

   だいぶ、外出が困難になってきてて、


   最期に もう一度 ひと目会わせてあげたいと思ってたので、


   本当によかった。間に合ったぁ012.gif


     


   義母は 時々、自分がどうなるのか 不安になるようで


   口パクで「こわい」と言うことがあります。


   だから、ずっと そばにいてやりたい。


   一人じゃないよ。

   私達夫婦が ずっと そばにいるからね。 



   



           よろしかったら、ポチッとお願い致します040.gif

           素人介護の励みになります012.gif
                     ↓ ↓ ↓
                 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
[PR]
by oreihuzusakay266 | 2012-09-04 16:13 | お義母ちゃんの在宅介護日記 | Comments(0)